コピー-〜-ロゴ.gif
reggae468-110

Nahki レゲエPV視聴 YOUTUBE 



オリジナル・ジャパニーズ・ラガマフィンのパイオニア的存在。
その活動は、まさにかの地ジャマイカにダンスホール旋風が巻き起こらんとする
85年、N.Y./ジャマイカに渡り現地ライヴに出演したことから始まる。
また、日本最大級のレゲエ・イベント『レゲエ・ジャパン・サンスプラッシュ』にもこの年以降、毎年出演する常連だ。
88年にリリースされたシングルが、N.Y.インディー系チャートにランクイン。
以来N.Y.を活動の拠点とし、全米のライヴに精力的に参加。
また本場ジャマイカの『レゲエ・サンスプラッシュ』『SNG』などのビッグ・イベントへの出演を果たす。
同年、エポック・メイキングなシングル「ORIGINAL NINJA」を、90年には1stアルバムとなる『BADDEST JAPANESE』をリリース。
数少ない本格的ジャパニーズ・ラガマフィンとして注目を浴びた。
92年には鹿島アントラーズ・チーム・ソングやNHKテレビ『みんなのうた』への楽曲参加で、より幅広いファン層を獲得。
次いで活動拠点をジャマイカに移し、日本〜N.Y.〜ジャマイカを股にかけたグローバルな活躍を続け、
96年には以前より親交のあったダイアナ・キングとのコラボレーション・シングル「I'LL DO IT」が大ブレイク。ナーキの名は一気に日本中を駆け巡ることとなり、通算7作目となるアルバム『INNER BEAUTY』も絶賛をもってリスナーに迎え入れられた。97年には活動の拠点を日本・N.Y.へと移動。8作目のアルバムとしてリリースされた『WAY OUT』の収録曲「TIME」がヘビー・ローテーションを記録した。
そして01年、前作より約3年ぶりとなるフル・アルバム『BIG STEP』では、"ラガ・サルサ"という新しいスタイルを打ち出す。サルサとラガを融合させたこのサウンドは、長くN.Y.で活動を続けるうちにサルサ、キューバン・ミュージックに魅せられたナーキの新しい意気込みを感じさせるスタイル。「これでもか!」といわんばかりに押しの強いグルーヴ。

ブログパーツ
posted by ノーグッド at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★…………Nahki
導楽 G2 JING TENG BOOGIE MAN Amy-N-Ryoo 笑連隊 ICEKOH Ackee & Saltfish Shiba-Yankee BES RYO the SKYWALKER MINMI 横浜レゲエ祭 九州男 FIRE BALL KEN-U 湘南乃風 PUSHIM MIGHTY JAM ROCK Guan Chai 三木道三 NG HEAD NANJAMAN DINOSAUR TERRY THE AKI-06 MONKEY KEN MUNEHIRO(鈴木紗理奈 ) DOMINO KAT ROMIE KENTY-GROSS CHEHON RUDE BOY FACE ARARE H-MAN BIGGA RAIJI MOOMIN 卍LINE(空水こと窪塚洋介) MIGHTY CROWN CORN HEAD Spinna B-ill INFINITY16 Home Grown HIBIKILLA Metis PAPA-B MICKY RICH KEYCO RANKIN TAXI YOYO-C Vader Papa U-gee NISSIN Nahki 浪花男 ET、RS、目が龍、たかちゃ、バビロン支配下レゲエ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。